クーポンが一杯

最近は、カードやクーポンなどで、ポーチの中身が一杯になります。確かこのポーチ、初めは化粧直しのための化粧品が入っていたはずなんだけれど…。持ち歩くわりには、化粧崩れを直す事なく使わないため、いつの間にか別の物が入る様になりました。パンパンに膨れ上がったからチェックしてみると、期限切れのクーポン、出てくる出てくる。これがお金だったら…と、あるわけないことを考えつつ一枚ずつ見ながらゴミ箱へポイ!結構クーポンを取っておいているけれど、なかなか使わずに終わりますよねぇ。もったいないのかな?余計なものを買わずに済むからいいのかな?

買うつもりはなかったのに…

スーパーと同じ敷地内に本屋さんがあると、つい立ち寄ってしまいます。私は好きな作家さんや作品の発売日は、事前にチェックしているので、ちょっと思いついて寄るようなときには、特に欲しいものがあるわけではありません。それでも、たくさんの本や雑誌の表紙や背表紙を眺めながら歩いていると、「そういえば、この本はネットで話題になっていた」「この漫画は試し読みで面白かった、古本屋で探すつもりだったけど…」などという本が目に飛び込んできて、ついつい2冊、3冊と棚から取ってしまいます。お小遣いは大事に使わなくちゃ、そう思う私にとって、本屋さんは危険な場所です。